« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

cakewalk

GibsonがCAKEWALKを買収というニュースをちょっと前に見ましたが,SONARがVISIONの二の舞にならないことを祈ります。

SONARは使ったことがありませんが,一応弟分のMusic Creator 5ユーザーだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

the dead

ずいぶん前にDVDがリリースされて,国内のレビューも読んではいたんですが,ようやく「the dead」(邦題「ゾンビ大陸アフリカン」)を入手。

舞台が舞台なだけに,黒人ゾンビ娘がどれだけ登場するかが興味の対象だったりするんですが,ときどき女性ゾンビは出てくるものの,アップになるのはほとんど男のゾンビ。なぜ?役者の数が男女で違うんでしょうかね。

ま,映像はしっかりしているし,ゾンビメイクやゾンビの表情もなかなかいいんですが,個人的には期待ほどではなかった感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Embrace of the Vampire

来月中旬DVDリリース予定の「Embrace of the Vampire 」。同じタイトルの1995年の作品とは別の作品のようで,今年の作品。ジャケットの裏には牙を剥く吸血鬼が確認できるので,ちょっと期待して待つことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wither その3

ラストに出てきた女ミイラ,ちゃんと最初から再生すると,最初に憑依される娘が地下室で出会っていたんですね。

ただ,出会ったときに何があったのかは示されないのが残念。で,彼女はトイレで変身するんですが,トイレで変身,というのは,デモンズやNight of Demonsなど定番の展開なので,これはこれで,どこかで見たようなシーンであるとはいえ,いい感じ。様子を見に来た別の娘に振り向いて襲い掛かるのも,また,定番です。

しかし,女ミイラに牙がある以上,憑依された男女に牙がないのが不自然ですねぇ。ま,牙を生やしてしまうと,吸血鬼とどこが違うの,ということになるんでしょうが,だったら,女ミイラだけ牙がある理由がわかりません。せっかく牙を出したんだったら,吸血鬼と間違われてしまうかもしれないけど,全員に牙をつけて欲しかったですねぇ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Wither その2

ようやく届いたので,飛ばし見をしながら,ざっと鑑賞。なにせスウェーデン産,音声はスウェーデン語のみで,字幕は英語のみ。

さすがに「Evil Dead」へのオマージュだけあって,残虐シーンはなかなか気合が入ってます。悪魔メイクが白目になって,顔色が変化する程度で,牙がないのが惜しいところ。せっかく噛み付くんだったら,牙を生やしてくれればよかったのにね。

ラスト近くで地下室から女型のミイラ風モンスター登場で,唯一牙を生やしていますが,ざっと見ただけだと,何しに出てきたんだか,というくらいあっけなく退治されてしまいます。

ま,頑張っているけどオリジナルのテンポや怖さにはちょっと及ばない感じ,というのが正直なところなんですが,オリジナルと比較しなければ,そこそこ楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

spinachの発音

とあるクイズ番組で,野菜の英語を答えさせていたんですが,結構厳しく発音をチェックしているなと思った矢先,spinachを「スピナッチ」と発音して正解に。

う~ん,それはちょっとないのでは?

spinach の a の発音はその前の i と同じだから,せめて「スピニッチ」と言ってくれないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語発音コツのコツ その9

いつまで経っても出版社が正誤表を出さないのは,あまりにも多すぎる誤植の数が原因?それとも,出版社がそもそもこの本に対してもうやる気がないから?と思っていたんですが,もっと根本的な原因に思い至りました。

これだけ誤植だらけの本を出している出版社の中でも,異常に誤植が多い本書の正誤表なので,作る前から正誤表が誤植だらけになるに決まってますよね。正誤表作成に手をつけないのは,ある意味賢明な判断かも。正誤表の正誤表なんて,泥沼…。

ま,この本の場合,発音記号の誤植だけが問題ではないですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Schecter Hellraiser DLX

またまたHellraiserの派生モデルを発見。DLXというモデルで,すでに廃番のようですが,インレイがBlood Moonを思わせる月型で,12フレットは「悪魔の目」。なかなか邪悪なイメージで,もしもBlood Moonが入手できていなかったら欲しいと思わせるモデル。

ピックアップがEMGアクティブ81/85という上位モデル仕様なのに対して,一方ネックはボルトオンという下位モデル仕様なのが,ちょっと謎なモデルで,そのせいか,オークションサイトで見かけた出品は結構お値段お手頃だったりします。

http://www.schecterguitars.com/Vault/297/839212009286/HELLRAISER-DLX.aspx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

scream blacula scream その28

かなり前に入手したflyer(チラシ)に使われているのを見て,ずっと欲しかったスチールがようやく手に入りました。

Sbs_mob

ラスト近くの吸血鬼VS警察で,使われるはずだったと思われるカット。実際の映画にこんなカットはないので,スチール用に撮影したのか,リハーサルを撮影したのか,なんでしょうが,こんなに嬉しいショットが本編で使われなかったのは残念至極(実際,前作も本作もシナリオからだいぶ変更されてるしね)。もしもフィルムを回したけど最終的にカットされたのであれば,ぜひともBlu-ray化の暁には「削除されたシーン」を目一杯,可能であればNGシーン集も収録して欲しいところですが,40年前の映画なので,現在どんな保存状態なのか,心配ですね。

で,このスチール,警官に飛び掛った吸血鬼はピンボケなのが残念ですが,後ろの女吸血鬼ともども牙はちゃんと確認できます。やっぱり,吸血鬼は牙,ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J5 Telecaster Frost Gold

前からあったモデルですが,最近新色が追加になったのか,Frost Goldというカラーを見かけました。まだ一部のサイトにしかないようですが,結構いい感じのカラーリングですね。

このカラーがSquierの普通のテレキャスやストラトに採用されると,ちょっと悩ましいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

schecter c-1 triple x その2

またオークションサイトに出ていますが,ピックアップは写真を見る限り,オープンタイプのDuncan Designedですね。確かにインレイは魅力的なんですが,これ以上C-1を増やしてどうする,という感じだし,トータルで見ると,Blood Moon,Professional,SheDevilほどの魅力はないし,ということで,見送りでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産吸血鬼

「sanguivorous」が国産ということで,これまでの国産吸血鬼ものを思い出してみたんですが,やっぱり今まで観た中だと「吸血鬼紫検校」がベストでしょうね。

お色気,ストーリー,バッドエンディング,どれをとっても最高で,唯一の弱点がチープな牙メイクですが,個人的には,他のどの国産吸血鬼ものよりも充実した内容ですね。

今どきのキャストやメイクアップ,スペシャルエフェクトを駆使して,リメイクしてくれないものでしょうかね。「吸血ガールズ」の何倍も魅力的な作品になると思うんですけど。

あ,その前に本作品自体のDVD化,今ならBllu-ray化が先ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sanguivorous その2

ジャケットをよく見たら,日本人監督の名前が…。で,ネットで検索すると2010年作品のようですが,国内で商品化は見当たらない感じ。

ジャケットのギザギザ牙の女吸血鬼の雰囲気はいいんですけど,期待していいんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sanguivorous

11月にDVDリリース予定なのが「sanguivorous」。タイトルはラテン語のsanguis (blood) とラテン語由来の接尾辞 -vorous (~を食とする) の合成で,そのものズバリの吸血鬼もののようですが,ジャケットのタイトルに漢字で「吸血」とあるのが気になるところ。これって,アジア産?アジア産の吸血鬼映画って,なかなか佳作にならないのがこれまでの経験則なんですが,果たして…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSI

といっても,マザーボードのメーカーではなく,北米アマゾンがちょっと前から使っている配送業者。これがとにかく遅いんですね。同じく北米アマゾンが使っているDeutsch Postもたいがいに遅かったけど,MSIもいい勝負。USPSを使うより安いのかもしれませんが,Delivery Estimate通りに届いた試しがありません。

今回もあまりに遅いようだったら,「USPSで送らないともう注文しない」と言ってやろうかと思ったり(すでに配達予定日を過ぎているんですけどね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fender Standard Stratocaster Electric Guitar, Maple Fingerboard, Arizona Sun (Satin)

まだ北米で発売直後のようで,今後国内発売があるかどうかわかりませんが,このオレンジはちょっといい感じですね。ストラトだけではなく,テレキャスもラインナップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

shcecter ps-jb-ab

何の気なしにデジマートで

 schecter ps ab

で検索すると,ps-jb-abがヒット。デジマート上はps-jb/abという表記でしたけど,どう見てもps-jb-abで,ブラックハードウェアのジャズベ。

プレベはいくつか店頭在庫で見かけたことがありましたが,ジャズベは1回見たことがあったんだかなかったんだか。

とりあえずps-st-ab,ps-tl-abの2つで満足していたんですが,パッシブピックアップのベース,特にジャズベは1本あってもと思うようになって,ps-jb-abが見つかれば入手しようと思っていたので,ほとんど迷わず注文してしまいました。

ということで,ps-**-abシリーズ,st,tl,jb,pbの4つがラインナップされていましたが,結局pb以外揃ってしまいました。pbはどうしても欲しいタイプ,という訳ではないので,中古が激安で見つかったら考える,という感じですかねぇ。当分弾いてませんが,手許にpbタイプがある,というのもpbをそれほど欲しいと思わない理由なんですが,fender mexのcopper metallic burstのプレベはちょっと欲しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ixo 1/43 三菱 ギャラン VR-4 RAC 1991 #38

この手のミニカーって,あるときに買っておかないと終息してしまうので,ixoのギャランシリーズをいくつか注文。アドバンカラーのRAC 1991もその1つ。

1/43のギャランは,trofeuのものを4つ持っているんですが,すべて前期型なのに対して,ixoは前期型も後期型も用意してあって,RAC 1991は後期型。確かに,ボンネットのエアアウトレットやフロントバンパーの変更なども再現されているんですが,惜しいのはリアランプ。ウインカーの位置が変更されたのは再現されていますが,ナンバープレートの両サイドが垂直な前期型のままで,ハの字型になった後期型ではないんですね。

ちょっと惜しいところですが,これだけギャランを出してもらえただけでも感謝。ただ,全部揃えるにはいいお値段なので,1000湖とアイボリーコースト,市販車2種の4台は未注文で,今回はixoのギャランはこのアドバンカラーのものと,スウェディッシュ,RAC 1988の計3台を入手。

大昔に買ったtrofeuが,市販車,ポルトガル 92,モンテカルロ 92,ヨーロッパラリー 92の計4台。こっちは92といいながら,ボディは前期型なので,ixoの作り分けは大したものですね(市販車は前期型)。

ただ,ixoの残り4種類のうち,2種類はディアゴスティーニのラリーコレクションに収録されたりしないかな,と待っているうちに売り切れになるのが心配なところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラリーカーコレクション

最近,TVやWebでやたらと目に付くのがディアゴスティーニのラリーカーコレクション。これまでも気になるシリーズがなかった訳ではないんですが,今回のシリーズはかなり魅力的。

とはいえ,隔週で2190円というのは全部揃えるととんでもないことになるので,三菱車を中心に好きな車だけ選んで買うんでしょうが,それでもこのジャンル自体好きなのでなるべく絞らないとね。ただ,後で欲しいと思っても入手が難しくなるでしょうから,その辺りの見極めも重要ですね。

で,このミニカー,IXO製ということですが,だったら2190円で安すぎるような気も…。どこで利益が出ているんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT6

PS3で年末発売,ということのようですが,車種はGT5のものにいくつか追加されるようで,ネットにある情報を見る限り,
 Dodge Stealth,Eagle Taron
とか,3代目VR-4とか,1.6LターボのCyborgとか,入れて欲しい車は入りそうにない雰囲気。

レーシングモディファイにしてもGT2のときの,何でもレースカー化が良かったんですが,これも復活しないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MM-HSUSB12BK

2ヶ月前に,オーディオテクニカのヘッドセットが故障したので,とりあえずUSBタイプでなるべく安いものを選んだのがMM-HSUSB12BKだったんですが,2ヶ月の命でした。Skypeで通話中に妙なノイズが出たと思ったら,ブルーのインジケータが消えて,音声のやりとりが不可能に。USBをつなぎ直してもUSB機器に問題があるというメッセージが出て使えないまま。

ま,2000円弱だし,この価格帯だと壊れたら修理するより新しいのを買った方が安い感じなので,同じ価格帯で別メーカーにしてみました。サンワサプライ製品はマウスやキーボードを始め,ヘッドセットやスピーカーなど愛用しているんですが,USBヘッドセットはハズレだったよう。

というか,USBヘッドセットはこの辺りの価格帯だとネットで見る限りトラブルが多そうですね。この価格帯だと結局アナログの方が安定している感じで,アナログ接続のヘッドセットはまだまだ頑張ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸島 TVシリーズ

コンビニに「最後の47日間」の第11巻を見かけたら,帯に「TVシリーズ化」の文字が。

気になるのは原作からどれだけ離れて魅力的な女吸血鬼が出てくるか,ですが,全10回の予定ということなので,なかなか原作通りにはならないでしょうから,かえって期待できるかも。

あと,今どきのCG技術なら邪鬼も簡単に映像化できたりするのかもしれませんが,邪鬼はなしにして,純粋に吸血鬼ホラーで作ってもらえると嬉しいんですが,果たして…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CRIMEZONE #5

待望の第5巻が発売になってました。

8年前の話,もう少し引っ張るのかと思ったら,ついに登場で,あれよあれよという間に本巻で第1部完。こんないいところで第1部完!なんて,なんだか「ゲッターロボアーク」の終わり方みたいで,ちょっといやですね。あるいは,「blade the series」みたい。このまま第2部が始まらないままフェードアウトというのだけは避けて欲しいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美鬼神伝説MOMO

アマゾンで見かけて,桃太郎をモチーフにしたSF漫画。人間が鬼に変わるらしい,ということで,女性の鬼に期待して購入。ちょうど発売になった第3巻で完結,というのも,続きを待たなくて済むので好都合。

桃太郎の翻案なので,第1巻,第2巻は犬や雉と出会う件り。鬼も出てきますが,男ばかりで,期待の女性の鬼は第3巻だけ。しかも,女性の鬼は1人だけ。ま,この女性の鬼シノーラがそれなりに活躍するので,そこは楽しめるんですけど,大昔の漫画ならともかく,今どきの漫画なら,もう少し男女機会均等で,幹部でなくても,雑兵でも女性の鬼を出して欲しかったところですね。

とある物質が原因で人間が鬼に変化するという設定も面白いし,断末魔のシノーラが仲間の鬼の角と合体して醜悪なモンスターに変身する展開もグッド。絵柄も決して好みではないものの,今どきの漫画にしては見やすい画面構成なのも高評価です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見つけたときが買い時? その6

またまたデジマートに,数日前から新品が出品されていますが,「店舗の商品ページ」のリンクをたどると「現在ご購入頂けません。」という表示が。

一瞬,復刻再生産?と思ったんですが,単なる出品作業のミスか何か,なんでしょうね。

もっとも,今頃新品の出品があっても,すでに中古で入手しているので,用はないんですけど…。手許の中古のコンディションによっては,新品に買い替え,なんてことも考えるかもしれませんが,そこそこ綺麗な中古でしたしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NSE-400-KKN2-JP

なるほど,MicroATXのNSE-200AのATX版もあるんですね。組み立てやすいのは,MicroATXマザーをATXケースに搭載するパターンなので,値段もほとんど変わらないから,買うならこっちかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NSE-200A-KKN1-JP

いつの間にか,Cooler Master N200も国内投入されてましたね。ただ,北米amazonで$50くらいなので,ちょっと高いかな。

メインマシンのUSBや音声の調子が悪くなっていることもあって,新しく作るならこのケースでと思ってはいるんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fender Japan JGS JAGUAR

こんなモデルがあるんですね。


GMB(ガンメタル・ブルー),GRB(ガンメタル・レッドバースト),3トーン・サンバーストの3種類のカラーで,GMRが一番高いので,やっぱりこの色が一番人気なんですかね。もしくは,同じ定価でありながら,GRBの塗装のコストが一番高いとかね。

マッチングヘッドで,さらにヘッドもグラデーションになっている辺り,非常に好みなんですが,幸いジャガータイプのギターに全く興味がないので,Hellraiser C-1のようにうっかり買ってしまう心配はなさそう。Hellraiser C-1は,個性的なインレイもさることながら,Ibanez以外の2ハムに興味があったんですよね。

ただ,この塗装がストラトやテレキャスに使われたら,冷静でいられる自信はないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RockStand ロックスタンド 7GUITAR FLAT PACK

ここにきてSchecter C-1が3本増えてしまったので,やむなくWarwickの7本スタンド(2本目)を追加。EpiphoneのLes Paulもあるし。

ということで,このシリーズ,5本用,7本用いずれもシンプルなデザインでリーズナブルな値段なのでお気に入りだったりします。もっとも,オーソドックスなフォルムのボディでないと立てかけるのが難しいとは思いますけどね。ただ,オーソドックスなフォルムといっても,ジャズベやジャズマスターのようにボディ下部が斜めだとこれもちょっと難しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

schecter c-1 shedevil その2

ということで,SheDevilの記念撮影。もっとも,このモデルのポイントはほとんど12フレットのインレイだけなので,写真もそこが中心です。Blood Moon,Professionalと並べてみました。

Shedevil1

Shedevil2

そういえば,今日現在,ちょっとお値段高めですが,SheDevilの新品がeBayに出品されてます(海外発送可)。よく残ってましたねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »