« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

modern drummer festival 2005

Rodney Holmesが出ていると知って,ちょっと前にオーダーしたんですが,ちょっと面倒なことに…。

新品をオーダーしたら,3枚組のDVDが3枚とも再生不能。PCでもMacでもDVDプレーヤーでも認識されないんですね。

さっそくAmazon.comに苦情を言って取り替えてもらったんですが,今度はRodneyが出ている1枚目のみ認識し,2枚目,3枚目はやはり認識されず。で,1枚目も一部トラックが再生不良。

ということで,どうも現在のロットはプレスに問題があるので,これから購入を考えている方は要注意。

私はというと,2セットとも返品することにして,中古を購入。やっとまともに再生できるDVDが手許に届きました。と思ったら,3枚目は再生できましたが,2枚目は認識されず…。まともに3枚が再生されるセットってあるんでしょうか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fender telecaster copper metallic burst

Fender Mexicoの3年くらい前のFSRで,Copper Metallic Burstカラーをまとったシリーズですが,ネットで見かける画像を見る限り,

 ストラト:sss,maple or rosewood
 ストラト:ssh,maple or rosewood
 テレキャス:maple
 ジャズベ:maple or rosewood
 プレベ:maple or rosewood

といったラインナップだった様子。sshのストラトは最初見かけなかったので,後から追加されたのかもしれません。テレキャスだけrosewood指板を見かけないので,ごく少数の生産だったのか,全く生産されなかったのかは不明。

で,今年初めにsss,mapleのストラトを入手し,現物を見て改めてこのボディカラーに惚れてしまったんですが,他のモデルはなかなか手頃な価格や日本発送に対応する出品者に出会わないまま。ただ,テレキャスが日本発送に対応しない出品者から新品が出品されていたのはずっとチェックしていて,入手するならセカイモンなどの輸入代行業者頼み。

テレキャスならrosewoodが禁輸キーワードに引っかかる心配がないので,問題は本体の値段と手数料だったんですが,ちょっと前にセカイモンが10%オフクーポン発行という悪魔の誘い。もっとも,出品者の支払い条件が変動するのか,セカイモン対象になったりセカイモン対象外になったり…。

ということで,魅惑のボディカラーのテレキャスの運命やいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vintage Modified Squier '51 2-Color Sunburst

最近出たらしい,Squierのギターですが,見た目はちょっと前に出ていたFender JapanのPawnShopシリーズの1つに似てますね。2Cサンバーストにテレネックが渋いモデルで,値段もお手頃。もっとも,これを買うならブラウンサンバーストか2Cサンバーストのテレキャスですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J5 Telecaster Frost Gold その2

国内での取り扱いが増えているかと思ったら,逆に,今検索しても国内での取り扱いが見つからない状態ですね。

ま,海外サイトでは扱われているので,入手可能な訳ですが,こういう動画を見るとちょっと欲しくなったりして。

http://www.youtube.com/watch?v=XQMZUw-dRaI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

world war z

やっと「world war z」のDVDを鑑賞しました。

映像や特殊メイクはさすが今どきの映画,ですが,増殖シーンの少ないのが残念。もっとも,82,3分頃に研究所内に登場する黒人女性ゾンビは,アップが多く,なかなかキュート。ま,彼女がいるから,ま,これでもいいか,という感じですが,彼女が感染するシーンがあれば,もっと嬉しかったんですけどね。

私はDVD版にしたのですが,特典は他作品の予告編だけ。これもちょっとさびしい感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dracula 2012 3D Malayalam Movie Fully Boxed and Sealed Horror Movie その2

あっという間に届いたので,ざっと再生。音声はMalayalam語のみですが,英語字幕がついてます。

現代インドが舞台ですが,なぜかドラキュラ城あり。ただし,ドラキュラの花嫁は不在のようで,代わりにドラキュラ城で女性ダンサーが歌うシーンあり。この辺りは,昔観たものとノリは変わってません。

ま,2人の女性が吸血鬼化して牙を剥くので,花嫁がいない分を差し引いても,まぁまぁといったところ。ドラキュラが変身するモンスターは,ほとんどコッポラのドラキュラですね。

1枚のディスクに2D版,3D版を収録し,3D版の鑑賞用に立体メガネつき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dead before dawn その2

ようやく手許に届いたので,期待しながら再生。が,いつの間にやらzemons (zombie + demons) が増殖。アイコンタクトで感染,している感じはあまりなかったですねぇ。

で,メインキャラの女学生も結局アイコンタクトではなく噛まれて感染。う~ん,どこがゾンビじゃなかったんでしょう。メイクはそれなりに出来てますけど,ラストのオチもなんだか…。

期待が大きかった分,残念な感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なか卯の券売機 その2

最近,なか卯に行ったら,「おつり返却」ボタンが装備されてました。なんだ,やればできるんじゃん。

やっぱり,私以外にも,「戻る」ボタンを押すのが鬱陶しいと思ったお客が多かったんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイオハザード~マルハワ・デザイア~ その3

第3巻,第5巻も到着。ようやく話がつながりました。

第4巻で退治されたに見えたビンディも第5巻で暴れているし,第3巻では変態するシーンもあるし,で,なかなかいいじゃないですか。ま,惜しいのは牙がないこと。

フードの女が正体不明のまま終わって,「ゲームに続く」というがちょっと消化不良ですが,そういうメディア展開なら仕方ないですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイオハザード~マルハワ・デザイア~ その2

第3巻~第5巻を中古ですべて異なる出品者から買ったせいで,第4巻が最初に到着。

で,第4巻,ゾンビ娘がナナン・ヨシハラだけかと思ったら,ビンディ・ベルガーラもなかなかカッコいいクリーチャーに変身しているじゃないですか。

ビンディのデザイン,片腕が巨大化しているのは,「ディープ・フィアー」のアンナを彷彿とさせるんですが,もしかして韮澤デザイン?(巻末のリストに名前は見当たりませんけど)

ただ,ビンディ,せっかくクリーチャー化するんなら,牙が欲しかったですねぇ。第2フェイズに変態しても,頭部のデザインが凡庸というかひねりがないというか。第2フェイズだけでも牙を生やして禍々しさを出してくれれば言うことなしだったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーロボット列伝

「バイオハザード~マルワナ・デザイア~」と一緒に「スーパーロボット列伝」を見つけました。

御大石川賢の手による,ダイナミックプロのアニメロボット大集合で,昔の東映劇場版のノリですが,

 マジンガー,グレンダイザー,ゲッターロボ,鋼鉄ジーグ

が登場。さすがにグロイザーXの出番はなかったようですが,これだけ集まるとなかなか楽しいですね。ただ,司馬宙は描き慣れていないせいか,「あなた誰ですか?」って感じなのが惜しいところですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイオハザード~マルハワ・デザイア~

久しぶりに古本屋に立ち寄ったら,「バイオハザード~マルハワ・デザイア~」(秋田書店)の第1巻,第2巻を見つけて買ってみました。

アマゾンで検索すると,全5巻で完結。第1巻,第2巻がなかなか面白かったので,残りをアマゾンでオーダーしてしまいました(中古だけど…)。

さすが,今どきの漫画,ゾンビもよく描けてますねぇ。第2巻のラスト近くに出てきたゾンビ娘ナナン・ヨシハワが残りの3巻でどれだけ活躍するのか,ちょっと楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pillar of Strength その2

あっという間に届きました。MSIじゃこうは行きません。

で,メインパーソネルは,

 Tia Fuller : alto & soprano saxophones, and flute
 Sean Jones : trumpet and flugel horn
 Miki Hayama : piano and rhodes
 Miriam Sullivan : acoustic bass
 Kim Thompson : drums

という構成で,この後の「healing space」「decisive steps」でもおなじみのメンバー(decisive spaceはpianoが変わってしまいますけど)。サックス,ピアノ,ベース,ドラムがみんなお嬢さんというのも結構レアですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dracula 2012 3D Malayalam Movie Fully Boxed and Sealed Horror Movie

「Argento's Dracula」の別名が「Dracula 3D」だか「Dracula 2012」だったので,検索してひっかかった謎のDVDもオーダーしてしまいました。

Malayalamというのはマラヤーラム語を意味し,南インドの言語の1つ。ということは,このDVDのDraculaはインド産。

そういえば,以前インド産のミュージカル仕立ての吸血鬼映画を観ましたが,このDVDの説明にも「with Song Selection」なる謎の,というか,明らかな但し書きが。

2012といいつつ,以前買ったDVDと同内容だったらどうしよう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Argento's Dracula

今のところAmazon Instant Videoでしか観られないようなので,早くDVDやBlue-rayでリリースされることを期待するしかないんですが,予告編を観てしまうと牙を剥く女吸血鬼に期待が高まるばかり。と思って検索したら,PAL版は既発売のようで,北米盤がないだけのようなので,PAL版をオーダーしてしまいました。

Van Helsing役のRutger Hauer,どこかで見覚えたあると思ったら,リメイク版のSalem's LotのBarlow役だったんですね。吸血鬼役とヘルシング役の両方って,ちょっと珍しいかも。ま,Christoper LeeもHowling IIで狼退治をやってましたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディアゴスティーニ ラリーカーコレクション Vol.4

発売日に早速購入。三菱車+αで,αの部分の数をなるべく抑える作戦ですが,第6号のランチア・デルタ,第12号のランチア・ラリー,第22号のランチア・スーパーデルタ,第23号のフィアット・アバルト131辺りは買ってしまいそう。公式サイトには第28号以降が未発表ですが,フォード・RS200なども入ってくるんでしょうね。

Evo6_1

Evo6_2

でもって,このEVO6,なかなかよく出来てますが,これが製品版に比べてどうなのかは不明。いずれギャランVR-4が出たら比較できると思いますけどね。

製品版と全く同じだとすると,いくら簡易包装とはいえ,本がついてほとんど半値という感じなので,ちょっと安すぎ。となると,多少仕上げが粗いと見るのが自然ですが,果たして…?

逆に,製品版と同じクォリティだとすると,いつまでこの値段で続くか心配でもあったりして。途中で値上げ,あるいは,廃刊なんてことにならないことを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pillar of Strength

黒人JAZZサックス奏者のTia Fuller嬢の1stアルバムです。このアルバムの後レーベル移籍し,「Healing Space」「Decisive Steps」「Angelic Warrior」と続き,移籍後の3枚は入手済みだったんですが,デビューアルバムは入手困難。

国内アマゾンでは入手時期未定とありますが,望み薄。北米アマゾンのマーケットプレイスだと,たまに見かけても値段がプレミア価格だったんですが,ようやくリーズナブルな価格の出品に出会ったのでさっそくオーダー。到着が楽しみです。

やっぱり,まめにチェックするのがポイントですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Night Of The Naked Dead

12月上旬にDVD発売予定の「Night Of The Naked Dead」。ジャケットだけ見るとなかなか期待できそうなんですが,ゾンビものはジャケットがすべて,みたいなところもありますから,どうなんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twins Of Evil その2

ということで,DVDが届きました。本編はもう何度も観ているので,今回は特典映像が目当て。

で,この特典映像,当時の出演者をはじめとする関係者のインタビューに,ハマー作品はもちろん,他社の吸血鬼映画にも言及した長編で,80分を超えてます。メイキングではなく,インタビューがメインのドキュメンタリーでした。ま,これはこれで楽しめますが,この特典には字幕がついていません。ま,これにも英語字幕を用意するとさらにコストアップしてしまうでしょうし,通常,この手のドキュメンタリーは字幕がついてないことが多いので,仕方ないところかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fright night 2 その2

これも期待の1枚。「2」なんていうので,ちょっと前のリメイクの続編?と思っていたら,オリジナルのリメイクその2,つまり,リメイク・バージョン2ということのようで,舞台がルーマニア,吸血鬼が女教授というマイナーチェンジ。女教授にオリジナルのような手下はいません。

敵の吸血鬼を女性にしたのは,オリジナルの「fright night II」へのオマージュで,オリジナル2作品のいいところどりを目指した感じ(ラストで女教授がIIのように化身)。

ともかく,3人目のAmyは2人目よりは好みでしたが,リメイクその1がオリジナルと違って吸血鬼の数が多かったのに対して,このリメイクその2ではオリジナルと同じでちょっとさびしい感じですが,EdもAmyも牙剥きで暴れるシーンが長いのが救い。もっとも,Amyはオリジナルやリメイクその1のような口裂けメイクにならないので,ここはもうちょっと頑張ってほしかったかも。あと,Edは爪も尖るのに,Amyの爪は普通なので,ここもなんだか中途半端。あと,吸血鬼メイクが「30 days of night」みたいな黒目というのも,好みが分かれるところ。普通の目とスイッチングするアイディアは面白いと思いましたけどね。

とはいえ,映像も音楽もしっかりしているので,リメイクということを抜きにすればよく出来ていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

arise of the snake woman その2

期待の「arise of the snake woman」が届いたので,早速再生…したんですが,今どきの作品にしてはテンポが悪いですねぇ。

ラミアに憑依されたストリッパーが他のストリッパーを手下に変えるまでに,男を殺戮するシーンがいくつも入るんですが,とっとと仲間を増やしてから男を餌食にしてもいいでしょうにね。

おまけに役者さんも演技力がもう一息なので,どうも臨場感,緊迫感に欠けるのも,ゆるさの一因でしょう。

でもって,特殊メイク(というほど大層なものではないですが)も,吸血鬼風の牙くらいで,蛇女っぽいのは,ラミアに憑依された最初のストリッパーがラスト近くで「from dusk till dawn」風のフェイスになるだけ(ボディはペイントだけとうしょぼさ)。

ストリッパーの1人に黒人娘がいたので,彼女も手下になるかとちょっとだけ期待しましたが,期待はしっかり裏切られました。

どうにも期待が大きかった分,残念な部分が目立つ作品でした。おまけに,本編と予告編しか収録されていないサービスの悪さ。ま,予告編にあった,別の作品がちょっと面白そうな感じだったのが救いですが,これもどこまで期待していいものやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤフオク!0円宣言

これまで5000円縛りがあったので,ことヤフオク!に関する限り,必要以上にお買い物をしないですんでいたのに…。

ま,ヤフオク!の場合,最低落札価格とか時間延長とかどうでもいい部分が大きいので,他で手に入らないものでない限り,ヤフオク!は使わないような気もしますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Monogram MGT-TH SP

monogramのギターといえば,ストラトやテレキャスでフェンダーっぽいヘッドを持ちながら,段差を持たせるデザインが個性的なんですが,楽器店とのコラボモデルではフェンダーヘッドのテレキャスを出していたりします。

で,このモデル,特に楽器店とのコラボモデルではなさそうですが,セミホロウに2ハム,酢ポールテッドメイプルのボディトップは,どこかで見たような。

eBayでよく見かけるベトナム産のギター,そのものですね。いちおう,monogramのギターにはロゴが入っていますが,ベトナム産のヘッドはロゴなし。で,今のところ,送料込みのトータルで値段を比べるとmonogramの方が安いですね。以前はベトナム産のギターはbuy it now以外に安いスタート価格からのオークションもやっていて,$200以下で落札されたこともあったような気がするので,今にして思えば,オークションの出品があるときに買っておけばよかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DLmarket

最近とあるブログで知ったデジタルコンテンツのマーケットプレイス。今回アクセスした目的は電子書籍の購入だったんですが,楽譜とかゲームとか,いろいろなものが売られているんですねぇ。

自分で電子書籍を作って売るのも,アマゾンより簡単そう。ま,いつになるかわかりませんが,マルチメディア機能を活用した凝った作りではなく,シンプルなPDFでいいなら,ファイルをアップロードするだけなので,かなり敷居が低いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

the corrupted その2

ようやく届いたのでさっそく鑑賞。ジャケットのような,素敵なシーンがあるのかどうかがポイントな訳ですが…。

確かに,ジャケットのように,口から触手というシーンはいくつもあって,登場人物の何人かが男も女もこうなるにはなるんですが,どうも低予算なせいか,特殊メイクにそれほど力が入っておらず,ジャケットのように正面からのショットがなく横からのショットばかり。しかも,長時間のショットにするには手間がかかるせいなのか,総じて短め。

なので,女性がジャケットのようなモンスターに変身して活躍するのを期待すると,ちょっと残念な映像でした。

アイディアはなかなかいいので,十分な予算でリメイクしてもらえると嬉しいかも,という作品ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレクトリック・ギター メンテナンスの掟

大昔のプレベタイプを久しぶりにアンプにつないでみたら,音が出たり出なかったり。 当分使ってなかったので,ケースにしまっていたものの,電気系統が腐食しかけているんでしょう。

で,このベースだけでなく,ギターについてもちょっとしたメンテくらい自分でできたら面白いだろうということで,とりあえず入門書を入手。

まだ,実地に入ってはおらず,この本を読んでみただけですが,わかりやすく書かれてますね。これならピックアップ交換にトライする日も近い?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発音記号と実際の発音

とある英語のカリスマ講師のブログを覗いたところ,CDつきの単語集を奨める件りで,

 waterの発音記号と実際の音とは全く違います。
 他にもいっぱいそういう単語があります。
 localもそう,obviousもそう,ほとんどがそうです。

などと書いてあるので腰を抜かしてしまいました。だったら,辞書なんて使えないじゃないですか。

(自著であるCDつきの単語集の宣伝だから)CDつきの単語集でないと正しい発音が学べない,という誇張気味の主張なんでしょうが,本当に英語の先生なんでしょうか。続けて

 熟語もそうです。a littleもa lot ofも発音記号どおりではありません。

とあって,a littleが熟語か?という突っ込みはともかく,確かにa lot ofなどリエゾンが起こっているものはリエゾンの発音を示した方が親切だと思います(リエゾンせずに「ア・ロット・オブ」なんて読んでしまう人が少なくないから)けど,a,ofの弱形にlotの発音をつなげればちゃんとしたa lot ofの発音になるので,発音記号通りではない,というのはちょっと言いすぎでしょう。

発音には個人差や地域差があるので,辞書には最大公約数的,標準的なものが示される訳ですが,学生が発音を学ぶにはそれで十分です。もちろん,まず発音記号が表す音をきちんと学習してからでないと,知らない単語の発音記号を見てもその単語の発音は学習できませんけどね。それとも,辞書の話ではなく単語集だけの話で,発音記号の誤りが多い単語集が多い,という話でしょうか。確かに「英語発音コツのコツ」みたいにミスプリだらけの本もありますが,特に単語集に限った話題でもなさそう。

で,もしも辞書や単語集の発音記号が表す音と,実際の発音が違っていたら,音を表す指標として全く役に立っていないということになります。本当に違っているなら,記号の方を変えるしかありません。

確かにそういう例もあるにはあって,例えば,lawという単語の発音,母音は逆さのcに長音符(:)をつけてあって,国内の辞書だと米英で違いがないことになっているのが普通ですが,

 http://dictionary.cambridge.org/dictionary/british/law_1?q=law

で,UK音とUS音を比べると明らかに違いますし,この辞書では異なる発音記号を当てています。この辺り,最近の米音の変化に国内の辞書がついていけていない例でしょうが,カリスマ講師のブログはこういった英米の違いに言及したものではなさそう。

同じ単語でも,辞書によってあいまい母音があったりなかったりするケースはあります。例に挙がったlocalのaにあいまい母音を当てた辞書もあれば,あいまい母音にカッコをつけて省略されることもあるとした辞書もあれば,子音のlはそれだけで音節を構成できるという立場から母音を当てていない辞書もあります。が,辞書による,あいまい母音の表記の違い程度では誤差の範囲であり,「発音記号が実際の発音と違う」という主張にはつながらないでしょう。英語の先生が,辞書によって発音記号の表記が微妙に異なることを知らないはずがないですし。

そうなると,可能性として考えられるのは,カリスマ講師が発音記号を見て自分で発音する音,あるいは,頭の中でイメージする音が,ネイティブの発音と違う,という意味だけです。発音記号が表す音を誤解していたら,そりゃあ発音記号が実際の発音と違う,という感想になるでしょう。

してみると,このカリスマ講師,単に発音記号が表す音をちゃんと理解していない,つまり,発音記号がそもそも読めてないだけなんじゃ…?と思って,ブログにある動画で発音を聞いてみると…(以下略)。

そうそう,例えばgoo辞書の英和辞書で,water,local,obviousを引いて発音を聞くと,どれもそこに示された発音記号通りにちゃんと読まれてます。そりゃそうですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なか卯の券売機

ネットを見るとやっぱり不評を買っているようで,お金を入れずにメニューを押すと「先に金を入れろ」というのは「お金が入っていません」くらいにすればいいのに,と思いますが,それ以上に面倒なのが,メニューを選んで発券し,おつりボタンを押そうとしてもおつりボタンがないんですね。今の画面を終了させないと,おつりボタンが出てこないので,ワンステップ手間。

続けて他のメニューを買わせたいゆえの画面設計なのかもしれませんが,ちょっと押し売りっぽい印象ですねぇ。

わざわざ他のチェーンと違う券売機にしている割に,設計が顧客目線になっていないんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HHR-9NPS/1B

アクティブピックアップを搭載したギター,ベースに必要なのが9Vの角型電池。アルカリだと1個250~300円くらいするので,充電式のものを探していたんですが,一回り大きくて楽器に収まらなかったとか,充電できなくなったとか,微妙なレビューも見かけてどうしたものかと思っていたところ,Panasonic製のものを見つけました。Panasonicなら大丈夫でしょ。

充電器と合わせても,10回使えればアルカリと大体同じコストになるので,試してみることに。問題は楽器に収まるかどうか,なんですが,Schecter C-1 SheDevilに入れてみたらピッタリでした。これで耐久性に問題がなければ,ベース用にいくつか買ってもいい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

schecter ps-tl-n swsb, ps-st-n swsb

東北・北陸・北海道限定モデルだとか。snow white burstというシースルーホワイトでアッシュの木目が透けるカラーがなかなかいいですね。

西日本限定モデルというのも見かけたことがありますが,一昔前ならこういった地域限定モデルなんて知る由もなかったのが,今はネットで情報が入るので「地域限定」そのものにそれほど意味はなくなっているような…。

それでもこのモデルをネットに出品しているのが1つの楽器屋さんだけだから,残りは全部店頭で売れてしまったんでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

920D

例の920D modifiedギター,楽天でも取り扱い店を見つけました。確かに,北米から海外発送してくれる店が見当たらないので,輸入してくれるのはありがたいところですが,国内Amazonの場合と同様,Fender Mexicoの改造ギターにしては,ちょっと高いのが惜しいですね。

どれもSiglerMusicでの販売価格の2倍くらいの値段なので,メイプル指板モデルならセカイモン経由で入手する方が安く済みそう。ローズウッド指板モデルだと書類が揃わないとアメリカを出国できないでしょう。

Copper Metallic Burstカラーのストラト改は,さすがにベースモデルが終息したのか,ラインナップから外れてしまっていますが,逆に最近のモデルをベースにした改造ギターもなかなか魅力的。

ま,Sigler Musicが海外発送を再開してくれるのが一番なんですけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »