« 彼岸島 TVシリーズ #3 | トップページ | The Cleveland Orchestra At Carnegie Hall »

CRAYMORE FL 140SP その2

このベースの元になったtanatosの7弦ベース。ボディトップの木材の違いで3モデルがあるようですが,ネットで評判を探すと,結構いいですねぇ。

「60万くらいしてもおかしくない」というニュアンスの評が多く,本当に国内生産すると60万くらいの値段になるのかどうかわかりませんが,海外生産でかなりのコストパフォーマンスモデルに仕上がっていることは間違いなさそう。

7弦フレッテッドといえば,ConklinのBill Dickensモデルも前から興味はあるんですが,ボディのデザインがもうひとつ好みでないのと,当然ながらtanatosよりもお値段が高いんですよね。もちろん,ミュージシャンのsignatureモデルとしては,相当安い部類に入る訳ですけど。

|

« 彼岸島 TVシリーズ #3 | トップページ | The Cleveland Orchestra At Carnegie Hall »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/58544967

この記事へのトラックバック一覧です: CRAYMORE FL 140SP その2:

« 彼岸島 TVシリーズ #3 | トップページ | The Cleveland Orchestra At Carnegie Hall »