« scarlet countess | トップページ | luna guitars Trinity Parlor »

Ibanez GA37STCE その2

ということで,値段が値段なのでついオーダー。選択したボディカラーはDVS(Dark Violin Sunburst)。届いてみると,なかなかいい色ですね。でもって,小ぶりなボディーな上に,薄いので軽いこと!

見た目だけなら,とても2万円ちょいのギターに見えません。とりあえず生音だけチェックしてみましたが,ちょっと気になったのがペグ。なかなかチューニングが合わないというか,遊びが多いというか。ガットギターのペグってこんなもんだったっけ?(実はガットギターは随分久しぶり)と思ったんですが,弾いているうちに安定してきた感じ(気のせい?)。ま,ここは問題があればペグを交換すればいいでしょうし,録音で使うならテイクごとにチューニングし直せばいいですしね。

で,アンプにつないでピックアップ経由の音をチェックしてみましたが,とりあえず問題なさそう。

Ovationのエレガットも考えたんですが,スチール弦と違ってあまりバリエーションがないんですね。スチール弦ほどでなくても,ボディーカラーやデザインにある程度選択肢があれば,エレガットもOvationで,と考えたかも知れませんけど。

|

« scarlet countess | トップページ | luna guitars Trinity Parlor »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/58784236

この記事へのトラックバック一覧です: Ibanez GA37STCE その2:

« scarlet countess | トップページ | luna guitars Trinity Parlor »