« SX Ursa 2 MN 6 3TS FL 6 String Fretless Bass | トップページ | vampire riderz »

蛇足

Wikiの「不定詞」の記述を見ていたら,英語の不定詞の項の原型不定詞の用法がいくつか挙げられているうちの最後に次のようなものがありました。

*******************************

仮定法現在で、願望、期待、要求、提案、命令、主張などを表す動詞に続く目的語の名詞節ないし、批評を表す形容詞の主語である名詞節の本文中に用いられる。(原形不定詞の前に助動詞 should が省略されていると考えられる。)

  • I suggested that she bring him at once.(彼女がすぐに彼を連れてくることを勧めた。)
  • It was necessary that he make some effort.(彼にはなんらかの努力が必要だった。)

*******************************

例文中のbringやmakeは説明の最初に書いてある通り仮定法現在であって,不定詞ではないはず。これが原型不定詞だとしたら,節の中に動詞がないというおかしなことになってしまいます。もちろん,英用法のshould bringやshould makeならbringやmakeは原形不定詞ですけどね。ということで,この最後の例は全くの蛇足。

「shouldが省略」とありますが,目的格の関係代名詞や接続詞のthatが省略されるみたいにshouldが省略される訳もなく,米用法の接続法現在(仮定法現在)と英用法の「should+原形不定詞」がごっちゃまぜになっているようですね。というか,この説明を読む限り,「仮定法現在」という言葉が動詞bringやmakeの法を指している,ということが全く理解されていない感じ。ま,現代英語は語形変化が著しく摩滅してしまって,動詞の形から法が判別しにくいのは確かなんですけどね。

にしても,この項ではラテン語やドイツ語など接続法を持つ言語の不定詞にも触れられていて,ラテン語やドイツ語の接続法を知っていればこんな記述になるはずがないんですが。ということは,言語ごとに執筆者が異なる,ということなんですかね。

|

« SX Ursa 2 MN 6 3TS FL 6 String Fretless Bass | トップページ | vampire riderz »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/59193225

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇足:

« SX Ursa 2 MN 6 3TS FL 6 String Fretless Bass | トップページ | vampire riderz »