« 200-STN005BK | トップページ | Schecter Damien Special その4 »

マーラー:交響曲第1番「巨人」[1893年ハンブルク稿(5楽章版)]

今年の5月に,5楽章版のCDが出ていたんですね。5楽章版といえば,1999年発売のOLE KRISTIAN RUUD指揮のもの(現在は廃番のようです)で楽しませてもらいましたが,こっちのふれこみは「新全集版による世界初録音」。ちょっと気になりますねぇ。

4楽章版では演奏されない「花の章」は,録音されてもおまけ的に扱われることが多いのですが,OLE KRISTIAN RUUD版は珍しくちゃんと2楽章に配置した1893年版でした。この録音から15年経ってますから,新たな校訂が入っているんでしょうね。

「花の章」はその昔midiで打ち込みをしたことがあって,対向配置を意図したオーケストレーションが印象に残ってますが,微妙に音が足りないというか,未完成感というか,演奏はできるけど他の章とバランスが悪いというか,なもので,「花の章」を加えて演奏されることがあまりない,という理解だったんですが,もしかして,この辺りが変わっているんですかねぇ。

|

« 200-STN005BK | トップページ | Schecter Damien Special その4 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162491/60440818

この記事へのトラックバック一覧です: マーラー:交響曲第1番「巨人」[1893年ハンブルク稿(5楽章版)]:

« 200-STN005BK | トップページ | Schecter Damien Special その4 »