« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

陰陽師(TV朝日版)

とりあえず観てみたら,鬼がちゃんと角をつけたメイク。昔の劇場版のメイクはいまいちだったので,これはちょっと期待できるかも,と思ったら,クライマックスでは剛力彩芽嬢に2本の角が!これはちょっと嬉しい。が,平将門は角も牙もあるのに,剛力彩芽は角だけ…き,牙はないの?って感じ。牙があったら完璧だったのにね。惜しい!!

| | コメント (0)

百鬼娘 その11

Hyakki_nurse2

いつの間にか,最後に百鬼娘を描いてから,8年も経っていたとは。

ということで,石川賢画集にあった,ゲッターの見開きイラストの1コマ,グラー博士の後ろの男,しかも角なし,を百鬼看護婦に変えてみました。「でも,やっぱりタブレットは慣れないなぁ」ということで,数十年ぶりにGペンで手描き。ただ,あまりにも久しぶりなので,インクで汚れることがすっかり想定外。ホワイトで修正しましたけど,この感覚を思い出すのに時間がかかるかも。

おまけにココログの画像の貼り付け方法も昔と違っていて,戸惑うことばかり…。

 

| | コメント (0)

Amazon Prime 北米版

北米のAmazon Primeには,自主製作っぽいい吸血鬼映画が色々あって,さすがにそこまではいいか,と我慢していたんですが,最近ちょっと気になる作品を見つけてしまいました。「Saving You, Saving Me」という作品なんですが,黒人娘が主人公で吸血鬼化,となると,これは何としても見たい!

 

で,北米のAmazo Primeをお試ししてみようと思ったのですが,まずPrime Videoの但し書きに「北米以外からだと再生できないものがある」旨の注意があり,さらにAmazon Prime をお試ししようとすると「Prime Videoは北米でないと再生できない」との但し書き。うーん,一部できないのと全部できないのではだいぶ違うんだが…。

 

どっちにしても,Amazon Primeのお試しで,再生できるかどうか確認すればいいじゃん,と申し込もうとしたところで,支払者の住所が日本になっているので,ハネられました。ここが北米の住所でないと,そもそもAmazon Primeに申し込めない仕組みだったんですね。

 

日本のPrime Videoにない作品がたくさんあるんだから,そこはなんとかして欲しかったなぁ。

 

ということで,「Saving You, Saving Me」は,DVD化されるのを大人しく待つことに。

| | コメント (0)

東京ヴァンパイアホテル その3

その2で,口裂けメイクが数人だけで一貫性がない,と書きましたが,よく考えたら,かの「Vamp」も顔が変わるのは,2人だけでしたね。それを考えたら,こっちもあり,という気もしますけど,「Vamp」はラスボスのGrace Jonesの顔が変わる訳で,それに倣うなら,こっちは無双発動の「K」がスペシャルメイクになってもよかったような…。主役の吸血鬼がスペシャルメイクになるのは,「Vampz」もそうだったしね。とはいえ,夏帆の顔が変わってしまうのは「なし」なんですかね。

 

| | コメント (0)

破裏拳ポリマー実写版

これもAmazon Primeで視聴したのが,実写版「破裏拳ポリマー」。色々なレビューがついてますが,かつて実写版「キューティーハニー」で楽しませたもらった原幹恵嬢が敵役ということで,それだけで結構楽しませてもらいました。もちろん,オリジナルの主題歌がラストの盛り上がりでかかる,というのもいいんですが,ホーンやティンパニのないアレンジ以上に,原曲のメロディーのリズムの改変(シンコペーション化)がちょっと頂けないかなぁ。

 

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »