アニメ・コミック

ズバ蛮

以前から存在は知っていたのですが,ようやく朝日ソノラマ版(全2巻セット)を入手。 1971年作品ということで,往年の画風。

でもって,お目当ては「百鬼一族」で,ゲッターロボGと同様,人間に角を植え付けて鬼を作り出すという設定なんですが,主人公のズバ蛮だけでなく,仲間の女性2人(ジャンヌ・ダルク,雪丸)も角を生やされるという嬉しい展開だったんですね。ゲッターロボGが1975年なので,こちらが元ネタなんでしょう。

織田百鬼斉が百鬼一族を生み出した黒幕にして織田信長の配下なんですが,角は彼のテレパシーを受信するアンテナで,彼の意のままに操られる,というのも,そのまま百鬼帝国の下敷きになっている感じ。

「(ズバ蛮は)よい鬼になりましょう」とか(雪丸の改造直前に)「美しい鬼ができるな!」なんて嬉しいセリフもあって,後者はともかく前者は隼人を改造しようとするグラー博士のセリフ「奴はいい鬼になりますぞ」の元ネタみたい。

ということでなかなか楽しめる作品なんですが,百鬼一族の女性がズバ蛮の仲間2人だけ,というのがちょっと惜しいところ。キューティーハニーより前ですけど,もうちょっと色気があってもよかったのにね。あ,百鬼斉が倒されて呪縛が解けると,なぜが角もどこかに消えてしまって,その辺りがうやむやなのも,時代といえば時代ですけど…(アンドロイドまで角をつけて操られるというも,ちょっと謎ではあったりして)。

こうなると,やっぱり学年誌版やテレビランド版のゲッターロボGの完全復刻を願いたくなるんですが,無理?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔界転生

石川賢版の「魔界転生」を入手。後年のタッチに比べると,かなり懐かしい感じですが,どうやら1987年作ということのようで,だとすると,ゲッターロボよりはだいぶ後。後年のタッチが大友克洋の影響だとかいう話をどこかで見た気がしましたが,それはまだ少し後の話なんでしょうか。

いずれにしても,石川賢の描く細川ガラシャがどんなものかと興味があったんですが…登場しません。残念。

ま,柳生但馬守を転生させる女性クララお清がちょっといい感じなのと,宮本武蔵の転生した姿がブライ大帝をイメージさせる鬼になっているのがお楽しみポイントですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Getter Robo Wiki

このサイト,例の「ミノビ」についての記述もあるんですが,特殊部隊が使っていたロボットの名称だと誤解している模様。

ま,頑張って読んでいる感じは伝わってくるんですが,誤植も散見されるし,書きかけの項目もあるし,で,さらに頑張って欲しいと思う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pass off as

「~になりすます」という熟語で,どこで見つけたかというと,

  http://getterrobo.wikia.com/wiki/Oni_(Manga)

という海外サイト。百鬼帝国の鬼についての記述で,本文では

  could pass of as a human

になっているので,ofはoffの誤植なんでしょうが,要するに百鬼帝国の鬼は(角を隠して)人間になりすますことができた,という話。

知らない熟語なので勉強になりました,というか,このサイトでは「鬼」を「demon」ではなく「oni」とそのままローマ字で表しているのも,ちょっぴり嬉しかったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナル版 ゲッターロボ G (復刻名作漫画シリーズ)

結局,扉絵見たさに全巻購入。もともと本編に登場しない百鬼娘が扉絵にある訳もなく,初出時の再現を謳っているので,「特殊部隊ミノビ」は「ミノビ」のままだし,ブライ大帝の角の節が片方だけペン入れされていないカットもそのままだし,早乙女研究所にあるはずのウザーラの首が動き出すシーンがなぜかアトランティスなのもそのままだし,といった具合。もっとも,修正する石川賢御大が物故している以上,本シリーズの趣旨とは離れて完全版を作ろうにも,この手の修正のされようもない訳ですが(というか,後年加筆訂正されているので,修正しようとすればできたんでしょうけど),ラストシーンは連載当時のページ割の関係からか,秋田書店版やその後の復刻版とは異なるんですね。これはちょっと新鮮でした。

でもって,先の第2巻ではゲッターファンの漫画家さんのイラストがあったりしたので,もしやキュートな百鬼娘の書き下ろしなんて入っていないかな,などとちょっぴり期待しましたが,今回はインタビューだけ。

おまけに,小学館の学年誌版やテレビランド版の復刻については,誰も,というか,少なくとも出版サイドの人は興味がないんだか,本巻においてのアナウンスはなく,第1巻,第2巻の宣伝のみ。全巻購入特典のポスタープレゼントはどうでもいいので,学年誌版のような異稿も一緒に復刻してほしいところなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナル版 ゲッターロボ 2 (復刻名作漫画シリーズ)

石川賢版だけでなく,学年誌版やテレビランド版が復刻されることを期待して,第2巻も購入。

で,予想通り,扉絵の鬼も男ばかりでしたね。ま,第1巻の永井豪の回想によると,相当タイトなスケジュールでの連載だったようで,メインキャラクター以外に時間をかける訳もなく,手のかかる百鬼の女兵士なんて必然的に出番がないはず。というか,メインのブライ大帝ですら,角のペン入れ漏れがあるくらいですからねぇ。

で,巻末に収録された漫画家さんのインタビューでリメイクしたいとありましたから,百鬼娘が活躍するリメイクをちょっとだけ期待して待つことに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナル版 ゲッターロボ 1 (復刻名作漫画シリーズ) その3

それほど扉絵やカットされたシーンなどに興味はないとはいえ,学年誌版に話が進むにはある程度数が売れないとだめでしょうね,ということで,買ってしまいました。

巻末の永井豪インタビューが楽しめたのが収穫ですが,ちょっと気になったのはセリフ関係で現在の倫理規定で改変があるという点。ま,おおかた想像はつきますが,完全復刻を謳うのであれば,ここもオリジナルで再現してほしかったところ。ま,さまざまな障害があるんでしょうけど,この漫画の残酷描写自体,当時ならでは,という感じですし,セリフだけ変えてもね,というところもあると思いますが,どうなんでしょ。

全巻購入特典は特に欲しくないけど,こうなったら全巻購入なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナル版 ゲッターロボ 1 (復刻名作漫画シリーズ) その2

いつの間にか発売になっていて,出版元のホームページによると

 オリジナル版 ゲッターロボ2 2014/12/18発売予定
 オリジナル版 ゲッターロボG 2015/1/20発売予定

となってます。

 http://www.shogakukan-cr.co.jp/book/b182064.html

ま,石川賢版は石川賢版でいいですし,3巻全巻購入特典(ポスター)もいいんですが,小学館の関連会社のリリースならば,学年誌版の復刻をお願いしたいところ。徳間書店のテレビランド版まで復刻してくれたらいうことありませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカーレット オーダー 2 ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド2

チェックしないでいたら,いつの間にか第2巻が。

ということで買ってみましたが,なかなかいい話でしたね。今どきの吸血鬼ものはバイオレンスやアクションが多いので,前巻に続く今巻の話は,古きよき時代の吸血鬼映画の雰囲気があって,ちょっと泣けたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナル版 ゲッターロボ 1 (復刻名作漫画シリーズ)

これまで何度も復刻されてきた「ゲッターロボ」ですが,今回は扉絵まで再現したバージョン。魅力的は魅力的ですが,むしろ石川賢バージョンではなく,小学館の学年誌やテレビランドに掲載された傍流の復刻を望みたいところなんですよね。

それとも,このシリーズがそれなりに売り上げたら,傍流の復刻もあり?だったら,買うしかないところなんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧