日記・コラム・つぶやき

担当配送所外に入荷した為、転送します。

以前からAmazonでのお買い物がカトーレックという業者で届くことがあって,宅配ボックスがあるのにわざわざ持って帰ったりしてあまりいい印象ではなかったんですが,いつの間にか配送状況確認ができるようになってました。しかし,配達予定日に届かず,配送状況を確認すると「担当配送所外に入荷した為、転送します。」というステータスになってます。

要するに「送り先を間違えた」ということなんでしょうが,今月だけで2回目。気になって検索してみると,あちこちに被害者がいる模様。

今回は昼の12:00に配達に出たようなのに当日中に届かず,「配達中」のステータスから「担当配送所外に入荷」に。

こんなに頻繁に(うちだけで1カ月に2回ですが,他にも多数ある模様なので)配送所を間違えるなんてありえないでしょうから,結局「何らかの理由で予定通りに配達できなかった」場合の言い訳がこの「担当配送所外に入荷」ということなんじゃ…。

これってうまい言い訳のつもりなのかもしれませんが,『「配送所を間違える」なんて普通では考えられないことが頻発している』と宣伝しているのも同然なので,もうちょっと別の言い訳を考えた方がいいような気が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

161 Lesson for correcting English pronunciation who Japanese speak in three weeks

アマゾンの電子書籍に

 「3週間で日本人の英語の発音を矯正 こう言ってんだぜチェキラッチョー1」- 英会話を聞き取る為の161の処方箋 -

というのがあって,その内容紹介にある

 161 Lesson for correcting English pronunciation who Japanese speak in three weeks

というのはその英訳らしいのですが,この英語,いろいろ突っ込みどころが…。

Lessonは,文頭でないのになぜ大文字?161個あるのに,なぜLessonは単数?関係代名詞whoの先行詞は何?Japaneseはwhoの同格?それともspeakの目的語?(だったら語順が変)

普通は,

 161 lessons for correcting Japanese people's pronunciation of English in three weeks

くらいでしょう。

せっかく本の内容は面白そうなのに,タイトルの英語からしてこれだと,手を出す気にならないですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

方言のテロップ

全国ネットの放送で,地方を取材した番組だと,会話をテロップで表示することがありますが,単に音を文字に直しただけで,全く標準語になっていないケースがままあります。

同じ日本語だから,なんとなくわかるだろう,ということなのか,わからないまま文字にしただけなのか,わかりませんが,文字的に標準語に近くても意味が標準語と異なることも少なくないので,ちょっと手間をかけて,その地方の出身者に翻訳させればいいでしょうに,と思ってしまいます。

やっぱり今どきのテレビは予算が少ないんでしょうかねぇ。もっとも,以前の番組でちゃんと標準語翻訳がなされていた記憶もないので,ずっと適当だったのかもしれませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AR-G100A

久しぶりにレーダー探知機を買ってみたんですが,今どきのものは知らない間にずいぶん進化してました。GPS内蔵で自車位置をマップ上に表示。ディスプレイは小さいけど,ほとんどカーナビ気分で,ルート案内がないだけ。

走行中に自車位置近辺の情報を音声案内してくれるだけでなく,高速道路の制限速度まで読み上げ。ちょっと感動してしまいました。
これだけ機能が詰まってこんな値段というのはビックリですねぇ。昔はこの倍くらいの値段で,オービス近くでビープ音が鳴るだけだったような気がしますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松屋のプレミアム牛めし

今さらですが,ようやく試してみました。確かに,前より値段が高い分おいしくなってますねぇ。プレミアムといっても,昔はこのくらいの値段だったので,ここ十何年かが,値段競争でおいしくなくなっていたんじゃ,という見方ができるかも。

で,気になったのが,店内のポスターにあった
 美味しさへの あくなき追求
というフレーズ。「美味しさの追求」なら理解できるんですが,「美味しさ『へ』の追求」とは一体?「●●への到達」は「●●の到達」ではありませんが,これと混同した結果でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厳粛願う

話題の県議の謝罪の中に「報道を厳粛願いませんでしょうか!」と出てきて,これって「自粛願えませんでしょうか」のタイプミス?と思ったら,その手前に「自粛願いませんでしょうか」とあるので,どうやら「厳粛する」という動詞があると思っている節が…。形容動詞「厳粛」にそんな用法があるとは知りませんでした。

さらにその前に「お電話はご容赦願いませんでしょうか」とあって,都合「願いませんでしょうか」が3回あります。これはどこかで突っ込まれてましたが,これも狙ってやっているんでしょうかねぇ。それとも方言?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホルベイン ロットリング・製図用シャープペン ロットリング600/0.5

ということで,メタルボディの600シリーズを入手しました。500シリーズと比べると,重さが全然違いますね。500シリーズも十分使いやすいですが,600シリーズの重量感はこれぞツールという感じ。STAEDTLERのメタルボディも心地よいグリップですが,重量感は500シリーズと同じくらいですね。

Rotring

2本を並べて写真を撮ってみましたが,基本的に同じデザインなためか,見た目はほとんど同じですね。ただ,ボディの六角柱部分の面に違いがあって,600シリーズは平面ですが,500シリーズはごくわずかに曲面になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホルベイン ロットリング・製図用シャープペン ロットリング500/0.7 502507N

最近,久しぶりにメタルボディのシャープペンシルを買ってみました。Seadtlerのメタルボディは持っていたんですが,今回試してみたのがrotringの500シリーズ。

下位の300シリーズはプラスティックボディで,500シリーズから上がメタルボディ,と思っていたら,500シリーズもボディはプラスティックでグリップがメタル。

ただ,ボディのメイン部分は伝統的な鉛筆よろしく六角柱なんですね。先端のグリップ部分は円柱で表面が滑り止め処理のメッシュになってますが,重量バランスといい,このボディデザインといい,なかなか感心してしまいました。

で,よく確認しないで0.7mmモデルをオーダーしてしまったので,近いうちに0.5mmモデルもオーダーしてしまうでしょう。というか,メタルボディなら600シリーズなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズキ・スイフト

このGW,レンタカーで借りたのがスズキ・スイフト。別にスポーツ・グレードでもないのに,しっかりしたシートと足回り。タイヤはアドバン・デシベルを履いてました。

26リッターで370km走ったので,燃費は14km/Lちょっと。高速道路も走りましたが,そこを割り引いてもまずまず,というか,VR-4よりかなりいいです。

インパネでタコメーターが左,スピードメーターが右,というレイアウト,VR-4と反対なので慣れるまで違和感ありましたが,それ以外はボディの見切りもよくて取り回しもいいし,スポーツ・グレードの6MTに乗ってみたくなりました。

とはいえ,三菱党としては,このクラスにするならコルト・バージョンRの中古を探してしまうんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動名詞

不定詞をながめたついでにWikiの動名詞をながめてみたら,他の言語における動名詞の項で,

*******************************
英語では動名詞をジェランド(gerund)と呼ぶ。これはラテン語ゲルンディウム(gerundivum)に由来する文法用語である。
*******************************

とありました。ひっかかったのは,gerundivumという単語。ゲルンディウムと書いているのだから,この綴りは変だと気づきそうなものですけどね。英語のgerundはgerundium<gerundumから来ているんですが,ややこしいことにラテン語には動詞の形容詞形gerundiveというのがあって,こっちはgerundivumから。ということで,不定詞と同様,何かごちゃまぜになっている感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧