趣味

IXO Galant VR-4 不完全リスト その2

ちょっと前にオーダーした

1989 Finland
1989 Monte Carlo

が届きましたが,前者は出品者が間違えて1989 Monte Carloを送ってきたので,都合1989 Monte Carloが2台並んでしまうことに。

で,よく考えたら,1989 Finlandって,1989 1000 Lakesじゃないですか。名前が変更されたのをすっかり忘れていました。何せ,三菱がワークスを撤退して以来,あまりラリーの情報を仕入れなくなってましたし。

ということで,面倒なので1989 Monte Carlo2台はそのまま手もとに置くことに。

1989montecarlo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IXO Galant VR-4 不完全リスト

国内販売されたものは網羅しているはず,なんですが,海外ではさらに増殖中(済?)のよう。自分が何を持っていて,何を持っていないか,ちゃんと把握しておかないと,ダブってオーダーなんて悲しいことが起こりそうなので,ちょっとまとめておくことに。TrofeuのVR-4も全部ある訳じゃないんですが,そっちは細部が甘いので,揃っていなくても,あまり気にしてません。

現在,手もとにあるのは,

1988 RAC
1989 RAC
1989 1000 lakes
1990 Monte Carlo
1991 Swedish
1991 Ivory Coast
1991 RAC
1991 Tour de Corse

の8台で,このうち1989 RACがデアゴスティーニ版。

で,海外オークションを眺めていると見かけるのが,

1989 Finland
1989 Monte Carlo

の2台で,これが未入手(といいつつ,オーダーして到着待ちですが)。この他,Rothmans仕様を見かけたのですが,ちょっとお値段高めで迷っているうちに売り切れてしまいました。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラリーカーコレクション全国版(48) 2015年 7/21 号

三菱党としてはなぜフォード?な感じですが,今回のマシンはただのフォードではなく,マキネンがドライブしたマシン,ということで,それだけでも買い。といいつつ,このマシン,デザイン的にリア・ウイングの処理が好みだったりします。

で,そういういわくつきのマシンなせいか,発売直後から品切れ,プレミアム中古しか変えません状態。その前の号のBMWは在庫ありなんですけどね。

もちろん,こんな事態を予想できた訳ではなく,マキネン・ドライブのエスコートということをデアゴスティーニのWebサイトで確認してあったので,予約購入で無事に入手できた次第です。

デアゴスティーニのWebサイトは要チェックですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

texworks

winshellはもう非推奨だとかで,texworksを試し始めましたが,コマンドのタイプミスとか,カッコのつけ忘れとか,でコンパイルエラーが出た場合,タイプセットを中止しようとしても「応答なし」でフリーズしてしまうんですね。texworksを終了させて,再起動がかかることもありますが,最悪PCを再起動する羽目になったりすることもままあったりして,ちょっと使い勝手が悪いですね。

この辺り,ちょっとしたミスでもDVIファイルを出力してくれるwinshellの方が扱いやすいですね。もっとも,その「ちょっとしたミス」は出来上がったイメージから見つけないといけないので,texworksのようにエラーで止まってくれた方がミスを見つけやすいとは言えるのですけど。

で,PDFビューアーから印刷しようとすると,バージョンの問題だとかなんとかでプリントアウトができず,Adobe Readerで印刷すると,Adobe Readerの方で何か悪さをしてしまうのか,texworksで続きの作業をした後,同じファイルからPDFを出力しようとすると,出力できないんですね。

ということで,校正のために紙に印刷した後,ソースファイルを修正して,PDFを出力するには,いちいちPDFファイルを削除しないといけないという状況。これはちょっと不便です。

が,ネットで検索しても,それほど困ったという話が見つからないので,特定の環境下だけの問題なのかもしれませんが,当面winshellと併用という感じ。winshellで作ったファイルをtexworksで使うには,utf-8に文字コードを変換しないといけないので,それも手間は手間だったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LAMY ラミー アルスター ディープパープル L29DP 万年筆 EF(極細字) 正規輸入品

万年筆はあまり使わないのに,「限定色」という響きに負けて買ってしまったのが,LAMYの万年筆。見た目ではわかりませんが,アルミボディなんだとか。

Lamy

実は,以前機能的なデザインに惹かれてLAMYのシャープペンシルを買ったんですが,メタルボディのシャープペンシルとは違った書きやすさが気に入っていて,そこに限定カラーとあったので,ついついこっちもという流れ。

にしても,この万年筆,2009年の限定色ということなんですが,まだまだ在庫がある様子。どれだけの生産量だったんでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オロビアンコ シャープペンシル BRASS 真鍮軸 THV-PS02

やはりメタルボディで試してみたかったのが,オロビアンコのシャープペンシル。

Orobianco

こっちは持ち歩きを想定していなのか,胸ポケットに固定するクリップがないデザインで,この割り切りはこれでスッキリしてます。惜しいのは,ノック部分のパーツがプラスチック製で,ここだけチープな雰囲気なのが残念なところ。とはいえ,こちらもメタルボディの適度な重量感が快適で,rotringの600シリーズ,rapid proと芯サイズ違いで楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

rotring rapid pro

rotringの製図用シャープペンシルの600シリーズが,メタルボディで適度な重量感があって,お気に入りなんですが,ちょっと前にrapid proというシリーズを見つけて,そちらもメタルボディということで,衝動買い。

Rapid_pro

ペン先形状が500,600シリーズと異なりますが,ボディの六角柱部分は側面が曲面になっていて,500シリーズに近い感じ。600シリーズは側面がきっちり平面なので,ここは600シリーズの方が好みかも。もっとも,握るのは先端のメッシュの円柱部分だから,どっちでもいい話なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隔週刊 ラリーカーコレクション 2014年 11/11号 その2

発売前の予約しておいたので,プレミアム価格にならずに購入。

Evo3

やっぱり,今は合併でEneosになってしまった「三菱石油」が懐かしいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隔週刊 ラリーカーコレクション 2014年 11/11号

通巻30号の今回は,ランエボIIIなので,早くから予約。

ラリーカーコレクションの特設ページにあるラインナップは第27号で更新が止まってますが,最新号・バックナンバーのページ

 

http://deagostini.jp/rcl/backnumber.php?issue=21

 http://deagostini.jp/rcl/backnumber.php?issue=31

で確認できます。これによると,第31号はプジョー307ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隔週刊 ラリーカーコレクション 2014年 10/14号 その2

さすが,アマゾン。予約注文だと,発売日翌日に到着。

Familia

意外にこの車は発売後も在庫ありでプレミア価格になりませんでしたね。やっぱり,マツダってラリーのイメージが薄いからなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧